なぜビオフェルミンという乳酸菌製品は食後に服用すると良いのか

なぜビオフェルミンという乳酸菌製品は食後に服用すると良いのか

 

乳酸菌の製品の1つに、ビオフェルミンがあります。実はそれは、比較的有名な製品の1つなのですね。乳酸菌に興味をお持ちの方であれば、1回や2回はその製品の名称を聞いた事がある状況なのだそうです。
ビオフェルミンの中には、アシドフィルス菌が配合されています。その菌類は、なかなか日本では見かけないものの1つなのですね。

 

コンビニなどに行きますと、多くのヨーグルトが販売されています。それでガセリ菌やビフィズス菌等の名称に聞き覚えがある方は多いかと思いますが、アシドフィルスという名前は余り聞いた事が無い方も多いようですね。それも当然で、なかなか日本のヨーグルトの中には含まれていないからです。しかし上記のビオフェルミンの中には、それが含まれています。腸内環境の改善効果が比較的高いと見込まれているので、それに興味をお持ちの方々も多く見られるのです。

食後にビオフェルミンを服用したらお腹の調子が良くなった

 

ところでビオフェルミンを服用するのであれば、タイミングなどは大きなポイントになってきます。というのも次のような事例が、過去にあったのです。

 

今から数ヶ月ほど前に、ある女性の方がビオフェルミンの摂取を試みました。ところが、残念ながらその女性の方には余り効果が見られなかったようなのです。どうすれば効果的になるかを、あるサイトにて質問していらっしゃったのですね。
それである方が、食後にそれを摂取するのが良いのではないかと提案していらっしゃいました。その通りにした結果、随分とお腹の調子が良くなったようなのですね。それで質問者の方は、とても感謝していらっしゃったのですが。ですのでビオフェルミンは、やはりタイミングが大切な事だけは確実でしょう。

 

胃酸が弱くなっている食後のタイミングが望ましい

 

上記の事例から、タイミングの重要性が分かる訳ですが、その理由は胃酸ではないでしょうか。胃袋の中には、ご存知のように多くの酸が入っています。残念ながらそれは、ビオフェルミンを溶かしてしまうと考えられるのですね。
ちなみに食事前の段階では、その酸は若干強い傾向があります。しかし直後のタイミングでは、酸がだいぶ弱まっていますので、ビオフェルミンが溶かされる確率が低くなる訳ですね。ですのでその錠剤を服用しようと考えるのであれば、できるだけ食後にする方が良いでしょう。

 

それは何も、ビオフェルミンに限った話ではありません。他の乳酸菌に対してもそのまま当てはまります。タイミングに気を使うことは、大切だと思う次第です。