果たして乳酸菌は虫歯を治してくれるのか

果たして乳酸菌は虫歯を治してくれるのか

乳酸菌は、歯と大きな関係があります。歯に対するネガティブな症状が、その菌類によって予防できるケースがしばしばあるのですね。

 

例えばある乳酸菌の製品は、歯周病に対する効果が見込めるのです。そもそも乳酸菌と言っても色々な種類があって、代表的なものはお通じを改善するタイプになります。いわゆる便秘改善が見込める乳酸菌の商品などは、代表的なものの1つと言えるでしょう。

 

しかし数ある乳酸菌の製品の中には、歯周病の予防効果が期待できるものもあります。そのタイプの製品の中には、口腔内に働きかけるものもあるのですね。
歯周病は、かなり痛いです。私もその病気になった事があるのですが、一度それにかかってしまうと大変です。何ヶ月もかけて歯科医院で治療を受けなければなりませんので、日数的な負担がかなり大きいですね。またそこまで行くまでの労力も、決して軽視できません。そして歯科医院での治療は、とても痛いです。麻酔などをしてくれるのですが、それでも大きな痛みが生じるケースも多々あります。

 

ですが上記のような乳酸菌の商品は、そのような痛い思いを予防できる効果が見込める訳ですね。ですので一度でも痛い思いをしたのであれば、そのような商品の使用を検討してみるのも一法でしょう。

 

治療をするのではなく予防をする乳酸菌

 

ところで人によっては、その乳酸菌で虫歯が治るかなと期待しています。中には歯に激痛を感じる方もいらっしゃるのですが、乳酸菌の商品にも色々なタイプがある訳ですから、中には虫歯治療の効果が見込める菌類があるかもしれないと期待している方もいらっしゃるようです。

 

正直、乳酸菌では治療は困難ですね。乳酸菌というのは、あくまでも口の中で悪玉菌が増殖するのを防ぐ効果があります。ですが既に悪くなってしまった歯を治すのは、著しく困難なのですね。歯が悪くなってしまった場合は、あくまでも歯科医院にて治療を受ける事になるでしょう。現時点では、虫歯を治すような乳酸菌の製品は、未だ登場していない状況です。

 

口腔内に対して働きかける乳酸菌は、治療ではなくあくまでも「予防」の効果に限定される事になります。将来的に痛い思いをしたくない方にとっては、そのような菌類を用いた商品は、おすすめですね。とりあえず悪い細菌類が繁殖しないように、口の中を綺麗にしてくれるようなイメージでしょうか。

 

ただし現在の科学技術は、かなりの勢いで進歩している事は確かです。その進歩に伴って、いずれ虫歯治療をしてくれる乳酸菌が登場するかもしれませんね。
http://xn--u9jtl6bp9eu34x736cq5m.com/?cat=5